広島にて、英語のじかんーEnglish Time-,ヨガのじかんーYoga Time-
ロゴ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このたび、初めて石鹸を作ってきました。

講師は、いつもアロマトリートメントを私に施してくれるセラピールーム Tea tree 隅田先生とその先生のお仲間である坂本さん。

場所は、西区古江にある素敵なレストラン&カフェミカ Grand cafe

今回は、 竹炭石鹸を作る とのこと。
メイクも落ちるし泡立ち、保湿、そして竹炭も入ってるから汚れも吸着と盛りだくさん!
もちろん自然素材のみ使用。

まずは、机に座り、先生から必要な材料、作り方の説明をじっくり聞く。

そして次はカフェの別室を借りて石鹸作りスタート。  
材料 材料や道具。オリーブオイル(食用)、パーム油やココナッツ油など。。
ソーダ 苛性ソーダの取扱い注意! 手袋にマスクをして混ぜ混ぜ!
計る 正確に測りましょう!
both 油と苛性ソーダの温度をぴたりと合わせていきます。
mixそしてひたすら30分混ぜる。手がかなり疲れるが、たくさん混ぜるとよりよい石鹸ができるとのことなので交代しながらがんばりました。
でも 楽しいおしゃべりをしてるとすぐすぐでした!!

先生曰く、この混ぜる時は、negativeなことを言ったり考えてたりはしてはいけないとのこと。 なぜなら、そのnegative意識が、石鹸の中に入ってしまうから!! なるほど、、、と納得
この混ぜる時は、液状のものが少しづつ重くなってくるのですが、確かにたくさん混ぜると新しい空気が石鹸の中に入ります。 確かにこれから出来上がっていく無垢なものに綺麗な心いれたいですよね。石鹸も生きてますもん。 私もきれいになれますようにと混ぜ混ぜ。
30分混ぜたら、石鹸を寝かすためランチランチ!!! (これが本当に楽しみでした。)
キッシュ
里芋ときのこのキッシュプレート 、玄米とひじきのキッシュプレート (おいしそーーー!!帰りに豆乳スコーンはお持ち帰りとしても購入。カレー私はトマトとお豆たくさんカレー おいしかったーーー!!)ラッキョもおいしかったです。ラッキョにはうるさい私もご満悦。 
今度はキッシュを食べたいなと新たな野望もすでに、、、、 
 楽しいおしゃべり大笑いとともに頂き、コーヒーも飲んで一息ついたところへ、石鹸作りへ戻ります。
oil ラベンダー、ペパーミント、スイートオレンジの精油を加える。
竹炭竹炭パウダーを少量のタネと混ぜ、それをもとのタネに戻しざっくり混ぜ合わせる。ざっくり次第で、まるで大理石模様のような石鹸になります。
型 最後にリサイクル使用の牛乳パックに流し込む。
保温箱保温箱2最後に保温箱(段ボール)にいれて、毛布をかぶせて1日寝かします。 
 おやすみなさーーい!!!
そこから毛布から取りだし、タイミングを見計らい、型から出して切り分けて乾燥させます。
そこから熟成。。。。 (熟成って響きがなんかかっこいい! こんなん思うの私だけでしょうか??私も熟成するぞ。)
大体一か月後に 世界でたったひとつだけの石けんが出来上がります
計量したり、混ぜたりとお料理のような感じで楽しかったですね。 

ただ、30分手で混ぜるのはつかれますね。でも素敵な石鹸のためにがんばりました。軽く有酸素運動?

 1か月後が楽しみです。 早くつかいたーーーい!!
とっても楽しい石けん作り。 他にも人参ジュースをいれたり精油を替えたりアレンジも可能だそうです。 皆さんも機会があればぜひぜひ挑戦してみてください。 詳しくは→隅田先生クリックとっても愉快な先生です。
隅田先生楽しい機会をありがとうございました。

もちろんカフェもお勧めです!!入った瞬間からいいにおい! また行かせていただきます。
 このたびも 芸術の秋、味覚の秋を満喫した私でした。
                     ちゃんちゃん!!
広島ブログ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
私もずいぶん前だけど、石鹸づくりの講習に行ったことある!!私のときはターメリックなんて入れるやつもあったりしたよ。でも劇薬を扱うからけっこう緊張するんだよねー。また作ってみたいなー。
2009/10/22(木) 23:31 | URL | yshitashige #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigotoyoganojikan.blog65.fc2.com/tb.php/78-17a6218e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。